主に呑み食いの記録です。不定期更新。


by harapeko-manpuku

カテゴリ:家呑み( 3 )

今日は雛祭り。
お雛様も桃の花もないけど、雰囲気だけでも取り入れたい。
思いつきでやってみた菱寿司、大いに改良の余地ありでした……。


f0228308_10402625.jpg

酢飯、アボカド、マグロ赤身と明太子をたたいたのを重ねてみました。
酢飯とアボカドの間にはもみ海苔が潜んでます。
冷凍の雑穀ご飯しかなかったので、三色になってないけどナ。
味の面でも、普通のご飯を使うべきでした。
あと、マグロとアボカドにもしっかり下味をつけた方がアテ向きだったはず。

横にちょんっといるそら豆は、酒粕に半日漬けたもの。
残り少ない『大和のどぶ』をソーダ割りにして、甘酒気分♪


f0228308_10404971.jpg

大根皮の香味漬け、塩豆腐。
塩豆腐は、お気に入りの料理ブログで見かけて真似してみました。
水切りした豆腐の両面に塩をして胡麻油で焼くだけ。
炙った海苔で巻いて食べるとウマー。


f0228308_1041944.jpg

菜の花とお揚げの卵とじ。
この小鍋は直径12cmほどで、直火もOK。
火からおろしても熱々が持続するので重宝です。
[PR]
by harapeko-manpuku | 2010-03-03 23:39 | 家呑み

高野豆腐の煮物

以前ちょっと景気のいい時に買ってあった上等めの高野豆腐を使った晩酌。
あとは買い足した牡蠣と、あるもので。


f0228308_10305080.jpg

牡蠣の生姜煮、めかぶポン酢。
お酒は昨日に引き続き、七本槍。


f0228308_10303019.jpg

高野豆腐と、大根葉。
ひなたっぽくてちょっと乳くさいよな高野豆腐にしみじみ〜。


f0228308_10311660.jpg

わかめと梅の白和え。梅干しがなくなってたのにぎりぎりで気づいたため
代わりに梅干しと一緒に入ってた赤紫蘇を刻んでいれてます。
味付けはこの赤紫蘇だけ。


f0228308_10313424.jpg

天然鰤の塩焼き(焦げた)。
柚子釜ならぬレモン釜に大根おろしを盛って添えました。
見切り品だった国産レモン2個78円、まだまだ水気がありましたわ。
四十路手前、己もこうありたいものよのう……。
[PR]
by harapeko-manpuku | 2010-02-19 10:29 | 家呑み

金牛蒡とせせりの小鍋

奈良の郊外で買った“金牛蒡”を使っての晩酌。
泥付きの皮が砂金のように細かくキラキラしているのが特徴です。
なんでも、雲母(キララ)を多く含んだ土壌で栽培しているため、皮に付着した雲母が光るのだそうで。
見た目が独特なだけでなく、味もしっかり旨いのです。


f0228308_1018771.jpg

ざっくりとささがきにして、鶏せせりと一緒に卵なしの柳川風に。
ダシは、名古屋コーチンのガラを貰った時にとっておいた鶏スープ。
甘辛い味付けにも負けぬ牛蒡の風味。よかよかー。


f0228308_10184135.jpg

同じく、奈良で仕入れた柿チップス入りの大根なます風、
酒粕入り白和え(焼き舞茸とアボカド)、大根葉のおひたし。
酒粕は1年寝かせてあって、加熱せずに味わうタイプ。
それと豆腐を半々にして和え衣に。こらたまらんアテですわ。


f0228308_10185431.jpg

魚屋で半額になっていた赤むつのお造り。
普段ならメイン級の高級魚なのに、今日は牛蒡の影に……。


お酒は、過日蔵見学に行った滋賀『冨田酒造』さんの、七本槍 純米無濾過原酒。
ほのかーにナッツっぽい風味がします(私見)。
今夜のクセのあるアテにちょうどいい塩梅でした。
[PR]
by harapeko-manpuku | 2010-02-18 00:15 | 家呑み